春先デートのメンズ私服!カジュアルすぎて、ラフ過ぎるのは要注意

女子モテするスプートニクスのコーデをみてみる

 

 

春先デートのメンズ私服!カジュアルすぎて、ラフ過ぎるのは要注意

 

寒いうちはコートを着込んでいてあまり気にならなかったのですが、春先にデートしたときの相手の男性の服装にはがっかりしました。太めのジーンズに、上にはトレーナーを着ていたんです。しかも、頭には野球帽みたいなものをかぶっていました。その時、デートは3回目で、このまま付き合うかどうしようか考えていた時でした。待ち合わせ場所に現れた彼を見て、本当にがっかりしてしまいました。それまでのデートでは帽子はかぶっていなかったし、ジーンズもそれほどダボついたものを履いてくることはありませんでした。ストリート系というほど垢抜けていないし、年齢もお互い30代ですから、どうしてそんな格好で来たのか疑問でした。

 

「今日は雰囲気違うね」とさりげなく訊ねたら、トレーナーもジーンズも、海外ブランドのものだそうで、熱心に説明されました。ジーンズはサイズを間違って注文してしまったらしく、それで体型に合っていなかったんだとわかりましたが、いくら値段が高いものでも似合っているかどうかは別だと思います。はっきり言って似合っていなかったし、デートの服装にも相応しくないと思いました。少なくとも気のある異性の前で、自分を飾るのは普通だと思います。ファッションは個性を表現する手段でもあるわけですから、好きな服で自分らしさを出したいのは自然なことです。だけど、あまりにこだわりが強い服装は、相手へ与える印象を考えない、ひとりよがりのファッションだと思います。

 

わたしはデートでは、襟がついたシャツを着ている男性が好きです。デザインによってシックにもカジュアルにもなるし、清潔感も感じられます。襟つきシャツは年齢を選ばないので、普段使いにも重宝しますよね。だらしなく見えることも少ないし、襟つきシャツを着ているだけで頼りがいがありそうに見えます。

 

ジギーズショップは、春服が満載!人気アイテムをみる